遺産分割協議書とは

亡くなってしまった方に遺産がある場合には、相続人同士で話し合いを行ってどのように遺産を分割するかを競技することになります。その際によほど相続人同士が仲がよく、これから問題が起きないと判断される場合以外では遺産分割協議書を作成しておくことが必要になります。そうすれば後々問題が起こることなく、誰も嫌な思いをせずに済みます。しかしこの遺産分割協議書の作成にはいくつかの注意点がありますので、それを知っておくことが重要です。

遺産分割協議書を作成する際の注意点の一つが、相続人が全て競技に参加しているかというものです。相続人が複数いる場合にはそれらの相続人すべてが遺産分割協議に参加していなければなりません。相続人の欠けた遺産分割協議は全て無効になります。一方で相続人でない人が参加した遺産分割協議も無効になることを覚えておきましょう。

では相続人のうちに行方不明者がいる場合にはどうでしょうか。この場合にも行方不明の相続人を無視することはできません。この場合には家庭裁判所に申し立てを行い、相続財産管理人を専任してもらわなければなりません。この相続財産管理人に競技に参加してもらう必要があります。さらに未成年の相続人がいる場合にも注意が必要です。未成年者の相続人がいる場合には、法定代理人を選任してその法定代理人が遺産分割協議に参加することになります。しかしこの時に法定代理人は利益に関係ない人を選任する必要があります。もし法定代理人が相続人のひとりである場合には利益相反となり、適切な相続手続きが行えませんので注意が必要です。また遺産分割協議書を作成するときには、不動産の所在や住所などを全て登記簿と同じ記載にしなければなりませんから、登記簿を取得したり所有者の所在を明確にしておくことが求められるでしょう。また相続人の印鑑証明なども必要になるので、事前に相続人たちはどういった書類が必要になるのかを確認しておくことが必要です。

遺産分割協議書を作成する際にもいろいろな注意点があります。もちろんこうした書類作成は相続人だけで行えるものではないでしょう。相続に関する法律の専門家の力を借りることが必要になるかもしれません。税理士や弁護士の中にはこういった相続を専門に扱っている人たちがいますので、問題が起きないためにも多少の費用を支払ってそういった資格所有者に業務を代行してもらうというのもひとつの手かもしれません。